アナログ・レコードには33回転、45回転の他に78回転が存在します。今回ご紹介するのは、SPレコード(78回転レコード)の収集・保存・デジタル化を行うアーカイブ・プロジェクト「The Great 78 Project」が行われているようです。そして現在、webサイト上でデジタル音源化された3万件以上のデータが無料で公開されています。

 

「The Great 78 Project」とは、SPレコードの保存と調査、発見を目的としたコミュニティ・プロジェクト。同プロジェクトによれば、1898年代頃から1950年代にかけてSPレコードは300万面分が作られたと言われており、その多くはLPレコードやCDにも収録されていますが、中にはSPレコードにのみ収録された貴重な音源もあります。「The Great 78 Project」は、そのような音源を収集・保存し、デジタル化して公開することを目的としたプロジェクトになります。

さらに同プロジェクトではデジタル化にあたり、レコードのひずみをとって音程を安定させ、また邪魔なノイズを除去して、パフォーマンスを復元することを目指しています。また1枚のレコードを複数の異なるサイズのレコード針を使って再生し、96KHz/24bitロスレス音源としてデジタルデータ化しています。

音源は、世界中の様々なデジタル情報をアーカイブしている非営利法人Internet Archiveのサイトで公開されており、リスニング&無料ダウンロードが可能。

The Great 78 Project

(引用: amss)

 

Categories: ニュース

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。