ヨーロッパの航空会社easyJetが、なんと自社のジェット機のエンジン音をサウンドトラックにしたEPをリリースすると発表しました。

このEPは、2017年8月に発売予定で、15分と10分のトラックに分けた2つのバージョンとしてiTunesなどの配信サイトでリリースされ、その後アナログ・レコードとしても販売するようです。

そして、ここで得た利益はすべて睡眠障害で悩ませれている子供達へのチャリティーとして募金されます。

なかなか思いつかないポジティブなアイデアで面白いですね。以下の動画はトラックの一部を公開中とのこと。

(引用: Independent)

 

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。