九州は鹿児島市にあるJR鹿児島中央駅近くに老舗ジャズ喫茶があった。1階にコーヒー店、2階にジャズ喫茶というお店で1978年の開店以来、約40年にわたって営業を続けてきたが、地域の再開発で建物の取り壊しが決まり、2017年9月29日に閉店することになったという。

日本ではかつては多くのジャズ喫茶があったが、次々と姿を消し、とくに鹿児島におけるレコードが聴けるジャズ喫茶「門」は最後のジャズ喫茶だったそうです。

この「門」のマスターが所有する、約4000枚の貴重なレコード、アルテック社の大型スピーカーなど文化遺産ともいえる宝物はどうなってしまうのだろう、、と思った矢先にGOOD NEIGHBORS MUSIC VENDOR(GNMV)という団体が同市内のコーヒーショップに移設し、「鹿児島のジャズ文化を残そう」というプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトはクラウンドファウンドとして移設に関わる費用などを集い、このジャズ喫茶の残した遺産を存続できるよう企画。

「日本のジャズ喫茶は世界でも珍しい独特の文化です。マスターの審美眼(耳)によって選ばれた独自のレコードコレクションは貴重な文化的資産。この街で40年に渡って積み重ねられてきた文化資産が失われてしまうのを防ぎ、地域と街のみんなが楽しめるミュージック・ライブラリーとして機能出来るように、マスターのご厚意の元サウンド・システムとライブラリーをまるごと譲り受け、市内のコーヒーショップ <コーヒーイノベート>に移設して継続することを企画しました。」(motion galleryネットより引用)

鹿児島のレコード/ジャズ・ファン、コーヒー好きはぜひサポートしてみてはどうでしょうか。

以下このプロジェクトへの応募サイト
https://motion-gallery.net/projects/mon_innovate

Categories: ニュース

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。