久しぶりに見た、2015年に放送された「タモリ倶楽部」珍盤特集。

催眠レコード、エロレコード、年賀状、卒業記念、結婚記念レコードなど歴史に埋もれたアナログ・レコード名盤を発掘、「歴史に埋もれた名盤が続々登場!?輝かない!ニッポンレコード大会」の回ですが、この「マリー・オリギンの占いレコード」の発想は面白いですね。

このレコードはマルチグルーブカッティングレコード(Multiple-groove Record/Parallel Record)といって、何本もの溝が平行して切ってあるため、どの溝が再生されるかわからない。 つまり針を置くとランダムでマリー・オリギンの占いの言葉が出てくる逸品。

現在弊社提携工場では今のところこのカッティングはできませんが汗  こういったレコードを中古で探すのも面白いかもしれません。

(出典: natalie)

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。