本日3/20は日本初のLPレコードが生まれた、LPレコードの日になります。そんな記念日に、PanasonicのTechnicsブランドからTechnicsのターンテーブルだけを用いた世界初のフルオーケストラによる合奏ムービーが公開されました。

この企画のために集まったのはDJ QbertやDJ Swamp、DJ D-stylesなどをはじめ、国内からもDJ KentaroやKireek、若干12歳の史上最年少・現役日本人世界チャンピオンDJ Renaなど30名。

DJたちは1951年の3/20に日本で初めて発売されたLPレコードの曲をはじめ、さまざまなクラシック音源を再構築&マッシュアップし、それぞれの楽曲の断片が有機的なグルーヴを生んでいく。

使用できるのは、過去のクラシックレコードと、ミキサー、そしてTechnicsの名機「SL-1200」シリーズのみという純粋なアイディアとテクニックだけが試される環境の中で、素晴らしい演奏が3分間の中で披露されています。

また特設サイト上では機材をモチーフにインターフェースをデザイン。「パフォーマンスムービープレイヤー」として、 Start/Stopはもちろん、ボリュームメーター、レベルやピッチフェーダーなどが実装。ミキサーパートでは、ミキサーやキューボタン、ピッチフェーダーを使ってDJたちのパフォーマンスをユーザーがアレンジしながら楽しむことができるようになっている模様。

とても素晴らしい企画、関わっているスタッフさんたちに大きな拍手!!

 

(引用: FNMNL)

Categories: ニュース

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。