レコードサイズについて

全てのサイズで音質が良い45rpmを推奨しています。
推奨尺を超えてもプレスは可能ですが、音質が著しく劣化する可能性が高いため、
超過時間は推奨分数の10%以内に収まるようにしてください。(詳しくはこちらを参照)

テストプレス
工場の混み状況にもよりますが、テストプレスなしの場合だと6〜8週間、テストプレスありだと8〜10週間にて納品見込みとなります。
詳しくはお問い合わせください。

レコードタイプについて

ブラック
通常黒盤

カンタン見積もりをする

カラー
全35色のカラーと様々な柄のバリエーションで、12万通り以上の組み合わせができます。

カンタン見積もりをする

スペシャルカラー
色を組み合わせて模様を作成。
スプラッターやストライプ柄などカラフルな表現が可能です。

カンタン見積もりをする

ピクチャー
レコード盤面に写真やイラストなどをプリントできます。

カンタン見積もりをする

レコードレーベルについて

カラープリント
4色(CMYK)

カンタン見積もりをする

モノプリント
白黒 (1K)

カンタン見積もりをする

ホワイトレーベル
ブランク(印刷なしの白ラベルのみ)

カンタン見積もりをする

レコードジャケットについて

背表紙なし
背表紙(マチ)がないジャケットです。
- 4色(CMYK)

カンタン見積もりをする

背表紙あり
3mm背表紙(マチ)がついたジャケットです。
- 4色(CMYK)

カンタン見積もりをする

A式ジャケット
紙を貼り合わせた厚手の紙ジャケットになります。
背表紙ありより紙厚があり丈夫な仕様です。

カンタン見積もりをする

PVCジャケット
透明のビニール型ジャケットです。
ピクチャー盤などのデザインを引き立たせます。

カンタン見積もりをする

ディスコバッグ
無地の厚紙の穴あきスリーブジャケットです。
黒か白をお選びいただけます。

カンタン見積もりをする

ジャケットなし
なしを選択した場合、
インナースリーブ(内袋)が必須となります。

カンタン見積もりをする

その他

仕上げ


ツヤあり -
表面にツヤのある光沢を与えた加工。発色も高く、煌びやかな印象になります。
ツヤ消し -
通称「マット・コーティング」と呼ばれ、ジャケットの表面をツヤ消し加工しております。
落ち着きのある上品な仕上がりになります。
リバースプリント -
通常のジャケットを組み立てる際に裏面となる側を表に仕立て、あえてザラつきのある紙質を表現したい場合に用いる加工です。
紙本来の温かみのある印象になります。
包装

シュリンク包装
シュリンク(Shrink)とは「収縮」という意味で商品をサイズに合わせて透明フィルムを加熱し密封加工する包装です。
オーバーバッグ
口開けタイプのダメージ保護ビニールバッグになります。口が開いているので、特典を後から封入できたりします。
インナースリーブ

ホワイトインナースリーブ
レコードを保護するための内袋になります。こちらは白紙になります。
ブラックインナースリーブ
黒色紙のインナースリーブになります。こちらは内側は白ですが表面が黒色になっております。
歌詞カード

歌詞カード2ページ(片面白黒)
ペラ一の紙(150gsmアートペーパー)に表面のみ一色(白黒)/裏面は無地
歌詞カード2ページ(両面白黒)
ペラ一の紙(150gsmアートペーパー)に両面一色(白黒)のデザイン
歌詞カード2ページ(片面フルカラー)
ペラ一の紙(150gsmアートペーパー)に表面のみフルカラー(CMYK)/裏面は無地
歌詞カード2ページ(フルカラー/白黒)
ペラ一の紙(150gsmアートペーパー)に表面フルカラー(CMYK)/裏面は一色(白黒)
歌詞カード4ページ(両面白黒)
見開き4面の紙に一色(白黒)のデザイン
歌詞カード4ページ(フルカラー/白黒)
見開き4面の紙に表裏面フルカラー(CMYK)/内側2ページ一色(白黒)のデザイン
歌詞カード4ページ(両面フルカラー)
見開き4面の紙にすべてフルカラー(CMYK)のデザイン
DLカード

ダウンロード用のカードを作成/封入できます。
基本的に片面フルカラー(CMYK)/裏面無地/サイズ:85 x 55mm)のカードになります。
注意: DLサーバーとランダムパスコードはお客様側よりご用意いただきます。
プリマスタリング

プリマスタリングとは原盤を作るための最終的な音質・音圧調整のことです。
レコード盤にする際に変化する部分を見越して音質を調整することで、レコーディングされた音に近いレコードを作るために予めEQ調整が必要になります。
アナログのマスターとして、CD/デジタル配信用マスターからも勿論カッティング/プレスできますが、音質に関してあまりお勧めできません。
CD/デジタル配信用にコンプレッサーを多用して音圧を上げたものはダイナミックレンジが狭くなっていますが、レコードになると針飛びをおさえるため音量を下げるしかなく、逆に貧弱な音の仕上がりになります。
ウルフパックジャパンではアナログレコード・マスタリングに特化したプロのエンジニアと提携しております。
レコード作品を良質なものにしていくために、アナログ用プリマスタリングを推奨します。

マスターデータの入稿方法は以下のとおり
1.アンマスタード・データ(マスタリング前のデータ、もしくはトラックダウン・データが好ましい)をご用意いただき、データ送信サービスにて入稿
*リファレンストラック(参考音源)があれば、こちらも併せてお送りください。
2.マスタリングエンジニアから完成データが出来るまで、約2〜5日いただきます。(曲数によりけり)
3.データをご確認いただき、よろしければ入稿データとしてプレス進行致します。

*エンジニアのプリマスター作成のやり直しに関して、3回以上から追加料金を頂く場合もございます
マスター音源のデータの入稿方法

WAV、AIFF形式でのご入稿をお願いしております。

ファイルはデータ転送サービスなどでご送付していただき、1つのzipファイルに音源ファイルを全てまとめてアップロードしていただきます。
またはCDでご入稿の際、ファイルはWAV、AIFF形式のみお受けしております。
なお、すべてのファイル名にその曲がどの面の何番目に収録する曲かを明記してください。
例:A01 Example.wav, B01 Sample.wav

● 音源のヘッドルームは 0.1-0.5dbほど残しておいてください。
● CD入稿も可能ですが、CD再生クオリティが上限となるのでご注意下さい。
● マスター音源に関して、過度なcompressionをしているものはあまりお勧めしません。
これは音の歪みの原因にもなりますのでマスター作成の際ご注意ください。
●片面の推奨時間をなるべく超えないように考慮ください。
録音レベルを下げる事により収録時間を若干最長する事は可能ですが、これを超える場合はレコーディングのレベルとダイナミクスを減少させてしまい音量レベルが低下します。
また、音飛びやノイズ発生の可能性も起こりやすくなります。逆に、高いレコーディングレベルを求める場合は収録時間をできるだけ短くしていく必要があるということになります(収録時間についてはこちらを参照)。
●レコードの大きな特性の一つとして、マスター音源の低域と高域のボリュームが過度に大きい部分は、レコードには不向きになります。
マスター音源の周波数特性を確認してもらいバランスを整えてください。
●再生結果については、リスナー側の再生設備の環境に依存しています。予め環境の認識をした上でお試し下さい。
● レコード本来の音を発揮するために専用のプリマスタリングをすることをお勧めします。
デザインデータの入稿方法

プレスするレコードサイズに対応した弊社指定のテンプレートに沿って画像を作成いただきます。
詳細仕様は以下となります。

・最低300DPI
・インキ総量が320%以下
・グラフィックの周りに3mmの塗り足しをかならず足す
・入稿する際はテンプレートの線を削除
・データ形式はpdfのみ
・カラーモードはかならずCMYKフォントはアウトライン化、ラスタライズ必須


上記すべてのデータをZIPにてご入稿いただき、仕様上問題ことを確認した時点でご入稿完了となります。
納期について

オーダー確定から約6〜8週間で納品致します。
オーダー確定後、テスト盤の納品までに約2~3週間。テスト盤の確認後、商品完成まで約4週間〜6週間程の 期間をいただいております。
※デザインや発注数、工場の混み具合によって納期は変動する場合があります。
また、海外から輸入する際の予期せぬ状況、通関、また配送に関しての遅延は弊社管轄外となりますので、予めご了承ください。
お支払い方法

カード決済、または銀行振込がお選び頂けます。

データ入稿後のご入金をお願いしております。
お支払い方法はカード決済、または銀行振込となり、 インボイスが届いてから7日以内にご送金お願いします。
ご注文を確認後詳細をお知らせさせていただきます。
再プレスについて

工場でのマスター・スタンパーの保管期限は2年となります。
これを過ぎますと自動的に破棄されることになりますので予めご了承下さい。
2年以内に再プレスした場合は、その時点でまた2年の保管期限になります。