シュア・ジャパンは、SHUREがフォノカートリッジ製品の生産を終了すると発表したそうです。。

同社は撤退の理由について、近年、製造するうえで同社の基準を維持することが困難になり、コストや納入でもユーザーの期待に応えることができなくなってきた、と説明。「検討に検討を重ねた結果、2018年夏にSHUREフォノ製品の生産を終了するという苦渋の決断をするに至った」としている。

DJにも人気が高かったM44Gや44-7などの生産が終わってしまうのを考えると、かなり悲しいニュースですね。

今後の動向にも注目です。。

 

(引用: Phileweb)

Categories: ニュース

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。