PCゲーム販売サイトSteamで配信中の『Vinyl Reality』は、仮想空間上でDJプレイを可能にする革新的なシュミレーション・ソフトです。バーチャルリアリティ・ヘッドマウント・ディスプレイを使用することで、ミキシングやスクラッチ、ピッチコントロール、選曲まで、高い臨場感と没入感で行うことが出来ます。

 

バーチャルリアリティ・ヘッドマウント・ディスプレイ使用イメージ(画像: THE VERGE
※Valve Index、HTC Vive、Oculus Rift、Windows Mixed Realityといった機種に対応。

 

公式トレーラー・ムービー。セッティングはDJミキサーとSL-1200をモデルにしたターンテーブルが2台。フェーダーの操作やイコライジング、スクラッチ、ピッチ変更などの基本的な操作に加え、縁を触って速度を調整や、レコードバッグから選曲、針をレコード上に落とす動きが出来たりと、細かい部分までリアリティーを追求した仕様になっている。

 

 

・楽曲データの読み込みが可能(mp3, flac, wav, ogg, aif, wma, m3u)

・読み込んだ楽曲の構造に合わせてレコードの溝が変化

・CUEとMASTERで分けて音声を出力することが出来る

 

 

Categories: ニュースTags: ,

About the Author

Taguchi Rei