レコード・プレスをするとき、もっとも気になる部分はレコードの音の仕上がりでしょう。

出来上がったテストプレスを聴いたら音が小さかった、高域が足りない!?などなど思っていた理想と離れて悩むこともあります。

今回は、レコードカッティング前に押さえとくべきポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

・入稿ファイルについて
ウルフパックジャパンではラッカー盤にも対応しますが、基本的にWAV/AIFFやMP3などオーディオファイル形式での入稿が圧倒的に多いのが現状ですまたオーディオファイルの形式によっても音質に違いがあります。非圧縮のWAV/AIFFと違い、MP3などの圧縮形式ファイルの場合、やはり音の広がりがなく立体感も失われペラペラになるためMP3での入稿は不可になります。なので基本はWAV/AIFFでの入稿になります。(入稿にはデータ送信サービスのご使用を推奨しております。)

次に、ビット深度による音質的な違いについて。16bitと24bitの音質はざっくり言うと16bitは粗く、24bitはクリアな印象です。しかし、16bitの音が悪いというわけではありません。ザクザクした生っぽい音質を好む場合は16bit、よりデータに近いクリアな音像を求む場合は24bit、といった印象です。例えば、生音/バンドものはあえて44.1/16bitにすることも多いです。(これには録音段階からこのレートで行っており、工程におけるデータを揃える意味合いもあります。)

デジタルなら高域も豊富な情報量を収録しているため無理なく再生できますが、アナログレコードの特性を考えると44.1/16bitは最低ラインとしてもビットレートが高ければよい、といったことでもないと言えるでしょう。

 

ウルフパックジャパンでは以下のデータ形式に対応しています。

 

Bit resolution: 16 / 20 / 24 / 32 bits.
Sampling frequency: 44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 kHz.

 

現代の楽曲はほぼデジタルで処理されているため、デジタルプレイヤーで表現される幅を見越した楽曲構成が多いと思います。レコードでは、どうしても許容周波数特性があり収められる帯域はデジタルより限られるため、デジタル配信/CD用としてのミックスと、レコード用ミックスかでかなり音質が変わります。

以下は、WAX ALCHEMY STUDIOのエンジニア諏訪内さんとの解説になります。

映像でも触れていますが、以下の波形はリミッターを多用しデジタル用にマスタリングされたデータと、そのデータを使ってアナログ用にプリマスタリングしたデータになります。

 

*プリマスタリング前

*アナログ用プリマスタリング後

 

これを見てもわかるように、プリマスター後はダイナミックレンジを稼いでヘッドルームを空けて作成されてます。

レコードの場合、大きな音を入れると歪みやすいのでCDのようなメリハリの効いた音というよりも、滑らかで自然な音が聴けるように仕上げられることが多いです。したがって、データ入稿の際はできるだけダイナミックレンジとヘッドルームの余白があるマスターを入稿してもらうとよいでしょう。

これにより、カッティング時にコントロールできる余地を残すことでボリュームを大きく再生できる可能性が広がることにも繋がります。極端なことを言うと、リミッターを使用する場合は外したほうがダイナミックレンジが広がるのでよりレコード・カッティングには効果的になる場合もあります。逆にいうとリミッターで持ち上がった楽曲は、カッティングに不向きな音成分まで上がってしまい、歪みや針飛びを抑えるため結果的に全体のボリュームを下げざるを得ないことになります。

 

許容収録時間の制限もあり、レコードは内側に楽曲が寄れば寄るほど歪みやすくなるので、それを抑えるためボリュームをコントロールしていきます。また、収録時間が多いほど溝の幅が狭くなるので、こちらもレンジに影響を与えていきます。12インチシングルの片面1曲、2曲のみのレコードの音が大きく聴こえるのはその影響も大きいです。*収録時間についての詳細はこちらの記事にて

 

その他では、高域周波数帯で10kHz以上の音が持続的にかなりの大音量で入っていた場合、カッターヘッドのコイルが焼けてしまう、あるいアンプの方で信号を遮断してしまいます。あまりにも高域周波数帯が強い楽曲になると、物理的にカッティングできないのでその辺はマスター作りで気を付けた方がいいと思います。

 

弊社カッティングにおいて調整できることは限られていて、基本的にはお客様の制作データに基づいてカッティングしていきます。
よって、理想の音にカッティングするにはミックス、マスタリングの仕上げをアナログの特性に沿って施していく必要があります。この辺の特性については別の機会に紹介したいと思います。

 

もしアナログプリマスタリングをご希望する場合、弊社でも承りますのでご検討ください。*その際、アンマスタードデータがあるとより効果的になります。

 

レコードは鳴るまでにデジタルよりそれに纏わるグッズが多いです。針、ミキサー、アンプ、スピーカー(細かく言うとケーブル、スタビライザー、スリップマット、室内湿度、電気容量など)。選択肢が多くあって組み合わせで変わっていくのもアナログの魅力なのかもしれません。理想の作品ができるよう、色々な視点で音を楽しんでもらえればと思います。

 

About the Author

Ichitaro Ohara

ウルフパックジャパン・マネージャー。1980年生まれ。レコードにまつわる業務に長く関わってきた経験をもって、スムースなサービスができるよう心がけます。